管理人 [:owner:] · 台湾生活 [:taiwan life:] · 気学 [: Qi / Ki :] · 仏教 [:buddhism:]

幸せ〜ってなんだっけ、なんだっけ 

台風19号が日本列島を通り過ぎ….
ウチは茨城の平地で、母のいま住んでいる家の近くには川も流れていますが、
氾濫することなく、
大きな二次災害もなく、
おかげさまで大事に至っています。

お亡くなりになられた方、被災された地域の方々には、
心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

1日も早く、日常に戻れますようにお祈り申し上げます。

毎日、いろいろ情報が入ってきますが、
ほんとうに知らないことが多くて、
多くて多くて………
情報機器とかアプリとか、ソフトとか、使いこなせなかったり、
つまり、機能を知らなかったり、

生涯学習は終わりがないにゃ〜 と常々思っています。
はぁふぅ=3
さて、そこで。

豚年もあと少し?!

今回は、仏教を話します〜っ☆

「幸せとは?」

という問いにお釈迦さまが答えました。
なんて言ったかというと。

「愚かな者に近づかないことである」

ん? オロカ? どういう人?
[:愚か者:] といえば、

近藤真彦(古い?)
… スミマセン。嘘です。

仏教では、これを、 
貧(ドン)・瞋(ジン)・痴(チ) と言います。
仏教において、[:三毒:] と言われるものです。

どんな人かと言うと。

  • すぐキレる人、怒る人
  • すぐ羨ましがる人、嫉妬する人
  • 自分のことだけ考えている人

まわりにいませんか?

実はワタシ、以前はそうでしたw
… 20年くらい前のことですけど!
自分のことだけ考えていた気がします。

オカンに家の仕事を手伝ってほしいと言われたのですが、
接客が苦手な上に、センスが無いと言う自己判断で、
断ったのです。

女性一人で4人を育てた母が言うほどなので、
当時そうとう、困っていたのだろうけど、、
でも、その時、手伝えなかった。ごめん。(ここで謝る)
いまは、妹たち二人で母と仕事してます。

で、時が経ちまして。ある時、オカンが言いました。

「いま、妹たちを手伝わせているけど、
フツーの会社員で働かせていたら、
毎月の給料が安定して、生活できてだだろうから、
手伝わせたことを後悔している。
あんたみたいに会社勤めにさせれば良かった」

と ポツリと言ったのです….
ウチは、ワタシ以外、親戚含めてほぼほぼ自営業で、
かつ、驚くほどオールB型なのです。
(ワタシだけ、35年間お前はBだと刷り込まれ続けたO型)
でもまぁ それぞれが自分のやりたい事で生活をできているのだし、
妹たちも母を尊敬しているから、自分で選択して一緒に仕事しているのだし、

つまり、そこは、
母が後悔しなくてもいいんじゃないかな、と思っているのですね。

で、今回は、

何に対してもマイナスに捉える人。

居ますよね〜
ワタシも以前はひたすらマイナス思考人間でした。
いいところよりも悪い方に目がいっていた。。

ポジティブに考えられるヒトが、
正直めちゃくちゃ羨ましかった。

なぜそうなっていたかというと、

智恵がなかったから。
知らなかったから。

なのでした。

たとえば、
今それなりのお金払っても、
後で倍になって入ってくるという智恵があったら
怒ったり、悔しがったり、嫉妬しなかっただろうし

いま直面している現象が、あとの自分をどれだけ良くするか、
つまり、その困りごとで、自分がどれだけ成長できるか、
考えられるだけの智恵があったら
今の状況に対して、怒ったりしないで、
これで自分がどう成長できるのかなーと言う

ポジティブな考え方になれる のです。

いや、めっちゃ、ものすごーく困るけどww!
どーしよー!とは思いますけど!!
でも、怒っても、いろいろ経験した中で、好転しないなぁと。
顔は怖いし、言うことトゲだらけだし。
ヒトは離れていきますよねー

だから、まぁ、これらを抑えて、生きましょう。と言うことです。
これは京セラの稲盛さんも仰っています。

また、その次には、

「賢き人々に近付き親しむが良い
 また仕(つこ)うるに値するものに、仕うるがよい、
 これが人間最上の幸福である。」
とあります。

賢き人とは、貧瞋痴の無い、いつも静かに笑っている人 のことだそうです。
その次の文章は、なんとなくでも、わかっていただけるのではないかと。

さらには

「常に功徳をつまん事を思うがよい」
功徳を積むことが大事ではなく、積もうと思うことが大事。

まずは、良い事をしようと思いましょうよ、そっちが先。

Photo by Pixabay on Pexels.com


それから、最後のほうには、

「人は毀誉褒貶(きよほうへん)に心を乱されることなく  
 得ると得ざるとによって心を動かされることもなく
 憂いもなく、怒りもなく、
 この上もなき安穏の中にある  
 人間の幸福はこれに勝るものはない」

毀誉褒貶とは、褒められたりけなさりたりされる ことです。
それが手に入るか入らないかに心を動かされるのでもなく
愁いも怒りも無く、安穏の中にいることが一番の幸福 ですよ〜とな。

なるほど~。
うーん、でも、やっぱり褒められる方が嬉しいですけどねww
.. スミマセン、まだ成長できてない★

例えば、facebookとか、インスタとか、
やたら  [:イイね!:] の数が気になるヒト、居てますよね。
こやまゆかりさんのマンガで、そう言う芸能人が描かれてました。
(台湾きてから、読んでない、、、どうなったのかちら)
それから、電車やバスの中で、よく見かけるのがですね、
インスタやfacebookにアップされる動画をサクサク見てパッパとボタン押す人!
めちゃ多い!! ホントに瞬間作業。
ちゃんと見てんの??? とワタシがどんだけツッコミ入れたがっているかw

ワタシの知り合いで、youtubeのチャンネル登録人数にこだわる人がいて、
実はワタシもこれからyoutubeをやってみようかと思ってますが、
登録数よりも まずは 内容! 頑張らないとっ 汗

まぁですので、
そんなの、気にしなくていいんじゃないの?
ロムだけのヒト、見てるだけの人もいるんだし!

といいたいのではないかな、と思うのです。

だから、

人の言葉で左右されるよりも、
誰かをどう納得させるかよりも、

自分がまず、納得できるかどうか?
自分が満足できているか?

一瞬一瞬を生きているか?

まずは、自分を、幸せにしましょうよ。

自分が好きではない人が、実は意外と多いらしいのです。
でも、まずは、幸せにするのは自分です。
毎日を幸せに、楽しそうで、笑顔で過ごせる人。
そんな人に、人はついていきますよ。きっと。

今日も 読んでくださり、ありがとうございます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中